教養・学び

流れる星は生きている

昨日,一気に読んでしまいました…。

あまりに壮絶で,途中でやめられませんでした。
すごかった…。
(本日,やや寝不足気味…gawk








流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)

著者:藤原 てい

流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)


終戦時,満州新京にいた著者が,6歳,3歳,生後1カ月!!の子どもを抱えて,
女手一つで,帰国するまでの脱出の道のりを克明に記載した記録。


ラスカルさん(片面的にブログを読ませていただいてるのですが)のブログ
に,
「子を持つ者として一度は読むべきです。」

と書かれていたので,読んでみました(単純…)


…が,これは壮絶でした。

幼子がいる人,妊婦にも配慮なんてできなくなる程の苦境。
極限に追い詰められた日本人たちの利己的な行動。

読み始めの頃は,こんな酷いことをするなんて,本当だろうか?
と思うほど,明日は我が身と思うような極寒と飢えと恐怖に晒された状態で,
普通の人間がどんな酷い行動を取るのか,思い知りました。

そして,これがまだ,100年も経っていない日本人が経験したということだということも衝撃的。

人間の徳が吹き飛ぶような困難極まる中,
それでも時折見られる人情や慈悲ある行為が神々しく感じられました。
昨日の敵が今日の友であったり,
ただただ,想像するしかありませんが,
人間の本質の一面を知った気がします。

著者が,全ての描写も自分の内面も含めて,
体裁繕うことなく,
正直に,簡潔な文で淡々と記載しています。

私は8歳,6歳,4歳の子どもがいるので,

著者の6歳の男の子,4歳の男の子,0歳の女の子が,
自分の子ども達とオーバーラップして,
涙が止まりませんでした。

三人のお子さんが生きて帰国できたのは,奇跡としか思えません。

母は強し。


ちなみに,著者の夫は,新田次郎,
二男は,ベストセラーとなった国家の品格 (新潮新書) を書かれた藤原正彦さんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

十牛訓

最近,中村天風さんの存在と名前を,

本や人から随所に聞くことが多くなり,

一度,本を読んでみたいなぁ。と思っていたら,

話したことないにもかかわらず,

偶然,夫が買ってきた古本の中に,この本が(引き寄せの法則か!?)!↓


早速,夫より先に読んでしまいました!

最後,末尾にあった,「十牛訓」が目から鱗!
久しぶりのクリティカルヒットでした。

「十牛訓」は,禅修行の十段階を例えたものです。
(詳細な説明は,「十牛図」でググってみてください)

最近,自分の考えを吐露する記事が続き,
正直,ものすご~く,恥ずかいと思ったりしているのですがcoldsweats01
(よう,こんなことネットで書いてるなぁ…と,ツッコむもう一人の自分が…)

何が恥ずかしいって,
小難しいことをいくら唱えていても,
実生活で実践,体現されていなければならないわけで,
その点,我が身を振り返ると,
はぁぁぁ,穴があったら入りたいsweat01

例えば,「子供三人もいながら,働いていてすごいですね」
とか言われることもあるのですが,
すごくも何ともないわけで,

本当にすごい人っていうのは,
自分の自己啓発だのなんだのなんて,我の張ったことは言わず,
子供を育てている専業主婦さんだったりするんです。

仕事だ,勉強だ,ワークライフバランスだ,愛だなんて言っているうちは,
しゃらくさいというか,なんていうか…coldsweats01
まだまだ未熟であることの裏返しであるわけで…。
もう,何もわざわざお題目を唱えなくても,
あるがままで体現しているよう状態が理想なわけで,
自分でも,
口だけで行動し切れていない所に,
今一歩の壁を感じているわけです。
(だからこそ,あーだこーだと口で唱えるわけでもありますが…)

そういう,私の本心を,この「十牛訓」は,ピタりと言い現わしていました。

私は,まだ,三段階目の「見牛」か,四段階目の「得牛」あたりだなぁ,と認識しました。


また,八段階目で「人牛倶忘」と,絵では「〇(円相)」のみで表わされる段階があるのですが,
この状態というのは,U理論でいうところのプレゼンシングの状態だなぁと,思い至ったり,
茶道で,掛け軸などで,ただ「〇(円)」を描いたものが飾られることが多いのですが,
その深意が初めて理解できた気になったりと,
とにかく気づきが多かったです。

中村天風さんの哲学を学ばれた稲盛和夫さんの「動機善なりや,私心なかりしか」という思想が,天風哲学とどのように通底するのかもわかった気もしました。

中村天風さんに関する他の著書もしばらく読んでいきたいと思います。

しばらく,観念論的な記事が続きましたが,
そろそろ,また日々実践に戻りたいと思います。











| | コメント (8) | トラックバック (0)

「愛」について

最近,重めの記事が続きますが…coldsweats01
もうしばらく,お付き合いください。

前に記事に書いたように,

「愛」が,私の人生のキーワードの一つだと気づいて,

次に,ぶち当たった壁は,

「愛」とは,何か?

ということでした。



で,思い至ったのは,

「愛」とは,日々の行動と言葉の中に宿るものだ。

ということです。

それ以外には,「愛」を実践する方法はないんじゃないでしょうか。

とにかく,目の前にいる人に対し,「愛」を実践する。

行動するときに,「心」をこめてする。

しかも,押しつ けでなく相手が望むかたちで。

いや~,正直,未熟な私には結構,大変な修行です。


なんなく「愛」を実践できている人も多くて,

できない自分を振り返ると凹む時も多くありますけど,

きっと,これも自己中心的な私の人生の最大の課題なんだと思います。

このために生まれてきたんだとも。

はじめに言葉ありき

と言ったのは,キリスト。

その言葉の意味を,初めて理解したかも。



「愛」
って,使い尽くされて,薄ぺらくて,好きな言葉ではなかったんですけど,

初めて,「愛」の意味がわかった気がします(遅い…)。

なんて,バカだったんでしょう。



「愛」
とは何か?という視点で,本を読んでみました。

この本には,こんな言葉が書かれていました。

「愛は自分自身を与えるだけ

なにも自分のものにせず,誰のものにもならない

愛は愛だけでこと足りている」

そして,

  

を改めて読みなおして,

私は,私自身を愛してなかったなぁ,と痛感。

ずいぶん,自分に無理を強いていたように思います。

もっと,もっと,自分を大切にしてあげよう。

まずは,日々の行動と言葉から,と思い,
最近は,睡眠時間も多く取るように心掛け,
ゆるゆると過ごすようにしています。


そして,       

愛の論理―私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか (PHP文庫)

著者:飯田 史彦

愛の論理―私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか (PHP文庫)

この本では,漠然とした「愛」というものを,

類型的に捉える視点を教えられました。目から鱗。

成熟度や適応度,水準,バランス,交換理論等のいろんな物差しをつかって,

「愛」を類型化して捉えることで,抽象的な愛を,具体的に捉える事ができます。

自分や人に対する視点も,優しくなれました。

最後の総括の言葉の一部でもある

「私たちは,愛の実行力からみた人間としての成熟度に応じて,現在の自分の可能な範囲で精一杯の愛を実行すればよい。」

という言葉に,勇気づけられました。

「ただし,私たちは,自分の成熟度を高めるための努力を,つねに怠ってはならない。なぜなら,私たちは,愛の実行のみによってゆるされるのではなく,より高度な愛を実行しようと挑戦することによって,ゆるされるからである。

したがって,私たちは,はるか彼方にそびえる「愛の山頂」にあこがれながらも,いま目の前で踏みおろすべき「次なる愛の一歩」を,しっかりと見きわめなければならない。そして,まだ山のふもとや中腹を歩んでいることを自覚しながらも,着実に山頂を目指して登ろうと努力する時,その勇気と成長によって私たちはゆるされるのである。」

単に,「愛」というだけでは,ともすれば陳腐化しがちなものですが,

「愛」にも,様々な愛に分けて考えることができるという本書との出会いは,

幸運だったと思います。

後は,日々,実践ですね。立志越山。

愛は,地味なことでもあると肝に銘じながら…


| | コメント (2) | トラックバック (0)

白洲次郎

前にも記事にしたNHKドラマスペシャル 白洲次郎

楽しみにしていた最終話。

もちろん面白かったけど,
なんとなく第1,2回程,私の中では盛り上がらなかったので,
読んでしまいました原作。

      
白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

著者:北 康利

白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

      
白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

著者:北 康利

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

いやいや,本当のエリートって,すごすぎ!
スケールの大きさに圧倒されっぱなし。

面白かった~shine

最近は,自己啓発系の単発本を読んでることが多かったのですが,
たまには,がっつり歴史や小説を読むのも,
大きな視点や,
広い視野や,
原則原理の考え方を学ぶのにいいかも。

と,思いました。

また,時折,他の作者の白洲次郎本も読んでみようと思いました(三点測量法の視点で)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャスキッドソンのガジェットケース

音によるInput

オーディオブックもここ1,2年で急速に普及して,

もう,既に今さらの感がありますが,

先日,ussi紹介によりこの本↓読んだのを機会に,

改めて音によるInput強化しようと思っています。

 

脳が良くなる耳勉強法

著者:上田 渉

脳が良くなる耳勉強法

私の音によるInput歴は,こちら↓

1.初めて,音によるInputにチャレンジしたのが,

3年前,勝間和代さんが,まだ「ムギ」名で

「CD,テープを聴いて勉強しよう!!」

というブログをされていた頃。

このブログで勝間さんお薦めオーディオブックで唯一の日本語だったCDがこれ↓

 

何度も車で聞きました。

この中で心残る名言は,「教養とは,人の痛みがわかることだ」。

2.大阪弁護士会では,随時開催される研修講座を録音して,

MP3ファイルの形式で無料で交付してくれるので,

夜の時間帯に開催されることが多く,出席できなかった研修については,

このMP3ファイルを聞くことでフォローしています。

3.オーディオブック,ポッドキャストも時折,利用します。

で,本題。

私は,かばんにiPodを入れて,かばんからイヤホンを伸ばして使用するのは、

カバンを動かすたびに,イヤホンコードが引っ張られるような感じがあって、苦手。

ところが,昨年見つけたキャスキッドソンのガジェットケースは,

Vfsh0014 首からかけられるので,

コードがひっぱられることがなく,快適。

しかも,通勤時だけでなく,

家の中で家事する時にも使用できるし,

かわいいし,超お気に入りですheart04

 

キャスと言えば、
バッグ、ポーチ等の(アナログな?)イメージが強いですが、
ガジェットケースを作ってるなんて、なかなかCOOL!

 

ケースの裏地もガジェットを傷つけない起毛の軟らかい素材、
整理用の内ポケットも付いていて、なかなか作りも細やか。

サイズ11.5×7.5×3.0(素人採寸)
小型のデジカメ等も入りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田ズーニーさん

前回記事で,お勧めしていたWada Cafeに,

以前対談に来られていた山田ズーニーさんの話ぶりが,

とても誠実で真摯な感じが印象的だったので,

山田ズーニーさんの一連の著作を読んでいます(まだまだ進行中)。

ズーニーさんは,ベネッセで,高校生向けの小論文を担当した後,

38歳で独立された女性です

ただ,独立されてすぐ仕事が軌道に乗られたのではなくて,

しばらく仕事のオファーがない状態が続き,

悶々と悩んだ時期を経て,

糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞

おとなの小論文教室」のコラムを書かれるようになって,

ブレイクされたかたです。

独立直後の悩んだ時期の心境も,

包み隠さず著作やコラムなどに書かれていて,誠実な人柄がうかがえます。

38歳で独立して,仕事がなかなか軌道に乗らないって,

一般的には,かなり焦せる状況だと思うし,

その時の心境を包み隠さず吐露するのって,

とても勇気がいることだと思うのですが,

どの本でも率直にその当時の不安とそれをどう考え,乗り越えたか?

等が書かれていて,とても参考になります。

中でも非常に印象的だったのが,この本。

おとなの進路教室。

著者:山田 ズーニー

おとなの進路教室。

・仕事がなくて,焦るような心境のときに,とにかく人と会うとか,セミナーに行くとかする人が多いけど,敢えてそこで,自分と向き合って,エネルギーを溜めておくと,本当にしたい仕事が来たときに,自分にしかできない仕事にエネルギーを注ぎ込める。

とか,

・今から,家を出て,5000円稼いで来る。というのと,5000円で勉強してくる。ということとは,前者の方がとても大変なことなんだ。知的作業を多くしている職種の人にこのことを混同している人が多い。

とか,

・仕事をするということは,人が注目するような華やかな仕事だけでなく,地味な仕事をコツコツとこなしていくことなんだ。

とか,等々,

当たり前なんだけど,日々の生活の中で,「あ,こういう心境になっていること,ないかなぁ」って,どきっとさせられるエピソードが書かれていて,とっても印象的な本でした。

ズーニーさんの全著作の根底には,

あなたにしか表現できないものが必ずある

という思想が流れていて,

各本で,同様の言葉が書かれています。

この言葉も,ズーニーさんが,

実際30代後半で乗り越えた苦労を経て実感されたことであるのが,

各著作から読み取れるので,心にズシンと響きます。

今年の4月で最終回を迎えた

「山田ズーニーのおとなの進路教室。」

というラジオ番組がpodcast(無料)で,聞くことができます。

特に,最終回「社会に自分の舟を出す」での

「社会にあなたは必要だ。」

「あなたにしかできないことがきっとある!」

という強~いメッセージは,

静かな口調なのに熱く熱く伝わってきて,

かなり感動ものです。

こちらもぜひ,聴いてみてください。

ズーニーさんの真骨頂,作文についての本も非常に読みやすいです。

こちらの紹介も,またさせていただきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wada Cafe

ここ3カ月近く,和田裕美さんのWada Cafe がお気に入りで,よく聞いています(KissFM KOBE 毎週土曜 19時30分。podcastでも聞けます)。

ほんわかした口調で,優しく,でもビシッ!っと,リスナーの人生相談に答えていらっしゃるので,

聞いててとてもエンパワーされます。


質問を聞きながら,和田さんはこの質問になんて答えるんだろう?

もし,自分が友人にこのようなことを相談されたら,なんて答えるんだろう?

なんて,思いながら聞いていると,

和田さんの回答が質問者の問題点をその人の心を傷つけることなく指摘した上で,

その解決策(というか,解決に向かうよう心向きを変える方法)を示されていて,

なるほどなぁ~と,感心しながら聞いています。

 


気楽~に聞けるので,

私は,家事等をしながら聞いてることが多いです。


 

主にリスナーからくる様々な相談に和田さんが答えるという構成なのですが,

月に1回程度,様々な分野で活躍されている方をゲストに迎え,

(最近では,藤巻幸夫さんや,小山龍介さん,佐藤尚弘さん等。

8月8日は,なんと加藤諦三さんでした!)対談されていて,

そこでの話がおもしろくて,

また,そのゲストの著作を読んでみたり,ブログ等を見たりして,

自分の興味や世界が広がる点も気に入っています。

 


とてもお勧めです。

まだ聞かれていない方は,ぜひ一度聞いてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKドラマスペシャル 白洲次郎

またまた,お勧めテレビ番組です。

 

私的には,今年1番のヒットになりそうshine

な予感のするドラマです!

NHKドラマスペシャル 白洲次郎

全3回で,

第1回,第2回は,今年3月に放映されましたが,

とてもおもしろかったです。

出演者の一人が,病気のため,第3回の放映が延期になっていたようですが,

このたび,

9月21日,22日,23日(いずれも午後10時から11時半)

と三夜連続で,第1回から3回まで一挙に放映されます。

(はい,予約してくださいね~)

第二次世界大戦で,日本全体が軍国主義に向かっていく中,

自分の感覚を信じ,それに与せず,

日本が軍国主義に走るのを,

自分が持てる人脈と能力を最大に発揮して止めようと努力し,

その努力をしても,この流れを止めることができないと悟ると,

心を開いてカントリージェントルマンになると言って,

 

政界から一転,

まだ,だれも疎開という言葉を知らないような早い時期に,

早々に田舎に行き,一から農業を学び,自給自足の生活を始め,

鋭気を養う。

 

自分の直感を信じ,社会的地位も全て投げ打って,躊躇なく即行動に移す。

赤紙,兵役の召集令状が来ても,

こんなことで自分の命を失ってはいけないと,

非国民と呼ばれようと,赤紙を撤回するよう知り合いに頼みに行く。

 

そこには周囲の人にどう思われるか?なんて,

発想は全くない。

自分の直感と自分の信念と,自分の命を何よりも大切にし,

自分の生き方を貫き通すという生き方に感銘を受けました。

 

わぁ,私だったらこんなことできないやろうなぁ、なんて思いながら…。

 

白洲次郎を演じる伊勢谷友介さん,初めて見たのですが,いい役者さんですね。

(ドラマ初出演だそうです)

 

白洲正子は,10年前,すごく好きで著作もよく読んでいたのですが,

彼女も,30歳半ばまで,

子供3人生みながらも,

母親にもなりきれず,

生きがいを見つけることができず,

悶々と過ごしていたということを知れたことも,

私にはとても興味深かったです。

もし,この記事で興味をもたれたら,ぜひ観て見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎日0.2%の改善で

「知る楽 仕事学のすすめ」

先日もお伝えしたとおり,今月は勝間和代さんです。

テーマは,「働く女性 課題克服仕事論」

第1回「まず 一人前 になる」

見ましたよ~。

印象に残ったのは,

毎日0.2%の改善を続けると,
1年後には約200%の改善になる

という言葉。


フォトリーディングの講師,大本昌弘先生

大きな事をやってやろうと思わずに,
小さな事からやって,自分で褒めていけばいいんだよ。

というようなことを,
いつもおっしゃっています。

最近読んでる加藤諦三さんの本も結論として,

小さな事でいいからこつこつ継続していくことだ。

と,書かれています。


みんな同じ真理をおっしゃっているんですよね。

身近な友人にも,そういう人いるんです(そう,あなたのことですよ!)。


コツコツと続ける。

ね,私,とても,非常に,苦手なんだけど,

やるっきゃないですねpunch

| | コメント (5) | トラックバック (0)

簿記2級へ

昨日の記事で,11月に簿記2級を受けると書きましたが,

勢いのあるうちに,

と思い,

早速,本日簿記2級の本を買ってきました。

(受験は,11月なのは変わりません)

簿記2級は,3級よりも分厚い本が,2冊(商業簿記と工業簿記)になっていましたcoldsweats01

3級とは比べ物にならない分量です。

内容も難しそう!

でも,少しずつ,がんばってみますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧