« 小島慶子さん | トップページ | 仕事の中にも人間味を »

小島慶子さん・2

昨日は,次女・三女の発表会で,
とりあえずAERAを買ってくれ,という内容で記事をUPしました。

本日は,その理由を。

私がこの方を知ったのは,忘れもしない今年の1月6日。

雑誌の立ち読みの時,ふと目がとまった

「VERY」2011/2月号の小島慶子さんの連載「もしかしてVERY失格!?」の
  「再生産と自己模倣」
という記事を読んで,
脳天をぶっ飛ばされるような衝撃を受けたのがきっかけです。

記事内容は,
お受験のレールに乗りかけて乗らなかった子育てについてだったのですけどね。
でも,小島さんが伝えたかったのは,
私達自身がもっている価値観に対する強烈なアンチテーゼなのではないかと思いました。

私は私立出身者ではないけれど,
日々,様々な場面で感じていた違和感を
「そう!そうなのよー!」とコンビニで声を出したいほど,
見事に言語化してくれていて,

あまりの衝撃に,思わず,
他の頁は読むことのないであろうVERYを買ってしまった程です。
(だって,特集が「30代からのセレモニー服の掟」ですよ。
そうは言っても,立ち読みする時に手を取っているんですけどね…。この矛盾している私という存在。)


自分が取り囲まれた環境から植えつけられた価値観って,
あると思います。

でも,その価値観に当てはまらない自分の存在に気付いた時,
初めて,与えられた価値観ではなく,自分自身の価値観を築き上げなければならない。
それって,ものすごくエネルギーがいることだと思うのです。

自分の中にある価値観って,壊すのはとても大変です。
その価値観でしたがって,生きていく方がずっと楽なのはわかってるんだけど,
それに違和感を感じる場合は,その価値観を壊して,自分自身の価値観を作り直さなければいけなくて,それは,ものすごく産みの苦しみがあって,簡単ではないのだと思います。

そして,雑誌やテレビが与える影響って,「これってかっこいいよね!?」という提案をすると同時に,「これが普通。スタンダード。これから大きくはみ出すのはNG」という一定の価値観を提案してきて,それが積み重なることで,そのうち,「こうでならなければならない」とだんだんみんなが思ってくる。

「いや,そうじゃなくていいじゃん」,っていうのは,
もともとその価値観に染まっていない人が言うのは簡単なんだけど,
その価値観の範疇にいた人が抜け出して言うのは,とても勇気がいることだと思います。

そういう意味で,VERYという雑誌は,「シロガネーぜ」という言葉を生みだしたりなど,
いわゆる勝ち組的女子とはこうである!というような提案をし続けてきた雑誌で,
そういう雑誌に,その価値観に対する疑問を投げかける内容の記事を書くのって,
ものすごい覚悟や確信がなければならないじゃないかと,推測したのです。

さらにいえば,以前,私は「自分との闘い」という記事を書いたことがありましたが,
闘うだけでなく,その先にあるもっと清らかで自由に振る舞える世界を知った人がここにいる!という驚き・嬉しさがありました。


多分,私が受けた衝撃は,以上のような,言語化された考えや,その覚悟や確信を感じ取り,そしてそういう存在を知った驚きがあったからこそ,生まれたのかなと思います。

そうした流れの中で,AERA「現代の肖像」を読んで,
一定の価値観や枠にはまりきらなった小島さんが,
それでも,その場その場でベストを尽くし,
もがき苦しんだ末,
自分を表現する場を得られたというのは,
何かしら強く私の中では救われた様な感覚がありました。

小島さんは,
TBSラジオ「小島慶子のキラ☆キラ」という番組を平日の午後持たれていて,
ポッドキャストで聞くことができるのですが,
他愛のない,会話の中にも,

世の中には,いろんな考え方・立場・環境の人がいて,
どの人も大切で尊重されるべきなんだという信念が根底にあることが
さばさばして,面白いトークの裏から,感じられます。

多様性を受け入れられる世の中であってほしい。
そんなメッセージを感じ取り,今,私の中でホットな人なのです。


最後に,「再生産と自己模倣」記事の一部。とても素敵な考え方だと思います。

「子供は空っぽの器,真っ白な紙。そこに何を注いで何を描くかは,親の仕事。

立派な責任感だと思います。でも私は発見したのです。

子供は初めから「ぼくはぼくだ」と思って生まれてきたことを。じゃあ,親に出来ることは

ひとつ『あなたはだれ?』と尋ねることです。

私の体を通ってやってきた,私の知らないあなた。未知の宇宙。あなたがあなたを発見

するように,私もあなたを知り,あなたを助け,守りたい。あなたを誰かにするのではな

くて,あなたがもともと誰であるのかを,私が教えてもらうのです。」




|

« 小島慶子さん | トップページ | 仕事の中にも人間味を »

人・友人」カテゴリの記事

コメント

小島慶子さんの紹介、ありがとうございます!
早速、AERA買って読みました。すごい方ですね。

投稿: ZAZI | 2011年3月 6日 (日) 11時50分

ZAZIさん☆

早速、買ってくださったんですね!
ありがとうございます!嬉しかったです♫

でも、一昨日、この記事のように、
うじうじと悩んでてはいけないな。と思うことがあったのです。
また、お話しシェアさせてください。

投稿: Cate | 2011年3月 6日 (日) 13時13分

はじめまして。赤ぶどうといいます。
こちらのブログ、大好きです。
この、小島慶子さんの記事、いいですね。
このところ、更新されていらっしゃらないので、
どうされたか、気になっています。

投稿: 赤ぶどう | 2011年5月24日 (火) 13時42分

赤ぶどう様

コメントありがとうございます!
ブログ,見てくださって,本当にありがとうございます。
しかも,大好き,と言って頂き,大変驚いています。

赤ぶどう様のブログも拝見させていただきました。
とても素敵なブログですね☆
何か通ずるものを感じましたheart01

少し,仕事や生活の方が忙しく更新が気になりつつもできていませんでした。
来週には記事を書きたいと思いますので,
今しばらくお待ちください。

投稿: Cate | 2011年5月26日 (木) 05時41分

そうでしたか。
お元気でいらっしゃるようで、なんだかほっとしました。
読ませていただくだけで、十分でしたが、
思いきって投稿してみてよかったです。。

ブログ、ご覧いただき、ありがとうございます。
私の方は、始めてまもなく、試行錯誤状態ですが…。

記事もあとから修正したものも多いです。
はじめは極力、自分を出さずに、書いていました。
でも、なんだか違うな…と。
自分が好きで読ませて頂いているブログは、
直接は存じ上げないけれど、
その方らしさというか、お人柄が伝わってくるものだったので。

Cateさんのような記事が書けるようになりたいな、と
勝手に目標にさせていただいています。
長くなってしまいました。(ーー;)
次回の更新を楽しみにしています。

投稿: 赤ぶどう | 2011年6月 3日 (金) 23時26分

赤ぶどう様

ありがたいお言葉ありがとうございます。

一時期αブロガーだった友人によれば,
自分を出した方が,読者増えるんだとか。。。

私も,また,ぼちぼち更新していこうと思っています。
今後も,どうぞよろしくお願いします。

投稿: Cate | 2011年6月 4日 (土) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/39095299

この記事へのトラックバック一覧です: 小島慶子さん・2:

« 小島慶子さん | トップページ | 仕事の中にも人間味を »