« 正解なんてないんだ | トップページ | 一つの山を乗り越えて »

正解なんてないんだ・2

前回の記事で,正解なんてないんだ。と書きました。

その後,さらに思いついたことを書きます。

正解がどこかにあるんじゃないか?

と,思って生きているということは,
自分ではない,誰か別の人の価値観の中で,生きているということ。

なんだと思います。

自分の心が希求する方向に向かって,生きていく。
それが,生きていくことの本質だと。


往々にして,自分の心の声は,聞こえなくなります。

それは,人と自分を比較したときや,
周りの人に自分だけ違う生き物だと思われたくないと思ったときや,
誰かに褒められたいと思ったとき,
自信が持てないとき。

これらの時は,自分に劣等感を持っている時なんです。

自分は自分でいいんだと自信を持っている時は,そんなことは考えません。

そして,自分の心の声がいつもクリアに自分に伝わること,
そういう状態に自分を維持し続けること,
そう心がけることが重要なのですね。

自分の声に従って生きていけば,目に見える世界は,美しいものになる。

子どもを見るときにも,
そういう誰かわからない人が作り上げた価値観や物差しで,
見ることがないよう,

自分の子供を信じて,眼差しを送り続けたいと思います。

そして,私自身も自分をもっと信じて,
自分の心の声が呼ぶことを,恐れることなくやっていきたい。
そんな風に思います。

久しぶりに,
スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式辞を聞きたくなりました。
このスピーチは,何度聞いても,真理だなと思います。

彼という天才は,自分の心の声に従って生きてきたからこそ,天才になりえたんだとつくづく思います。

|

« 正解なんてないんだ | トップページ | 一つの山を乗り越えて »

直感を大切にしよう」カテゴリの記事

コメント

色々共感したり、こんな本あるんだなあ、へえ〜と
思いながら、ブログ拝見しています。

私も、答えは一つ、と思って、その答えにたどり着けない自分に
もどかしさを感じていたときがあります。
でも、答えはいくつもあるんだよね。
仕事でも。人生でも。

そして、結果はもちろん、その過程で何を得たか、どれだけ深いものを拾えるかが大切な気がする。

10年の節目の文章、振り返りながら、よしっ!という前向きな
気合いをなんだか感じてしまいました。

今年もよい年に。

投稿: みっこ | 2011年1月29日 (土) 15時33分

みっちゃん

いつも心のこもったコメントをありがとうconfidentheart02

そうかぁ,いつもしっかりしている,
みっちゃんでも,
答えが一つと思っていた時期があるんですね。

「深いものを拾う」いい表現ですね。
上っ面で,生きたくないものね。

いつもパワーもらっています。
ありがとう。(その割に,返信が遅くてごめんなさい)

投稿: Cate | 2011年2月 6日 (日) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/38615410

この記事へのトラックバック一覧です: 正解なんてないんだ・2:

« 正解なんてないんだ | トップページ | 一つの山を乗り越えて »