« 木を植えた男 | トップページ | 良樹細根-子育て考 1 »

流れる星は生きている

昨日,一気に読んでしまいました…。

あまりに壮絶で,途中でやめられませんでした。
すごかった…。
(本日,やや寝不足気味…gawk








流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)

著者:藤原 てい

流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)


終戦時,満州新京にいた著者が,6歳,3歳,生後1カ月!!の子どもを抱えて,
女手一つで,帰国するまでの脱出の道のりを克明に記載した記録。


ラスカルさん(片面的にブログを読ませていただいてるのですが)のブログ
に,
「子を持つ者として一度は読むべきです。」

と書かれていたので,読んでみました(単純…)


…が,これは壮絶でした。

幼子がいる人,妊婦にも配慮なんてできなくなる程の苦境。
極限に追い詰められた日本人たちの利己的な行動。

読み始めの頃は,こんな酷いことをするなんて,本当だろうか?
と思うほど,明日は我が身と思うような極寒と飢えと恐怖に晒された状態で,
普通の人間がどんな酷い行動を取るのか,思い知りました。

そして,これがまだ,100年も経っていない日本人が経験したということだということも衝撃的。

人間の徳が吹き飛ぶような困難極まる中,
それでも時折見られる人情や慈悲ある行為が神々しく感じられました。
昨日の敵が今日の友であったり,
ただただ,想像するしかありませんが,
人間の本質の一面を知った気がします。

著者が,全ての描写も自分の内面も含めて,
体裁繕うことなく,
正直に,簡潔な文で淡々と記載しています。

私は8歳,6歳,4歳の子どもがいるので,

著者の6歳の男の子,4歳の男の子,0歳の女の子が,
自分の子ども達とオーバーラップして,
涙が止まりませんでした。

三人のお子さんが生きて帰国できたのは,奇跡としか思えません。

母は強し。


ちなみに,著者の夫は,新田次郎,
二男は,ベストセラーとなった国家の品格 (新潮新書) を書かれた藤原正彦さんです。

|

« 木を植えた男 | トップページ | 良樹細根-子育て考 1 »

人・友人」カテゴリの記事

教養・学び」カテゴリの記事

コメント

私も何年か前に読み、衝撃を受けました。
壮絶な経験、著者の筆力、それでも生きていく強さ、著者自身の強さでもあり、人間自体のもっている底知れぬ力(母の力?)、藤原さんに連なる文筆家の血のなにか脈々としたもの・・・・

私は実は、藤原さんから先に入って、この本に来て、新田さんの「八甲田山死の彷徨」も手にとりました。

こちらも、壮絶です。
そして、私が読んだ文庫版後書きでは、藤原さんが書いていたんですが、新田さんが、奥さんが成功したのを見て、文筆業を始め、毎日9時になると唸りながら苦行をするように執筆していた、というエピソードがなぜかすごく印象的でした。

いつもご本の紹介、ありがとう。

投稿: みっこ | 2010年12月 4日 (土) 13時19分

みっこちゃん

コメントの返信,年をまたがっちゃって,
しかも1カ月も遅くなってごめん。。。

とても細やかなコメントを頂きつつ,
読んで,そのままお返事するの遅くなってしまいました。

いつも直ぐにコメントくれてありがとう。
とっても嬉しいのです。

これからもよろしくね。

投稿: Cate | 2011年1月 6日 (木) 15時05分

遅ればせながら「流れる星は生きている」を読みました。旦那さんも、お子さんも作家だったのですね。
こうした厳しい時代を生き抜いてくれた人たちがいるからこそ、今の私達があるのだと実感します。
よくぞ皆さん日本に帰ってきてくれました。

投稿: よーさい | 2011年2月13日 (日) 02時18分

よーさい

読まれたのですね。
本当に,こういう時代を生き抜いて来た人のおかげで,
今の私達の社会があるのだな,と思います。

大切にしなくてはいけませんね。

投稿: Cate | 2011年2月14日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/37939130

この記事へのトラックバック一覧です: 流れる星は生きている:

« 木を植えた男 | トップページ | 良樹細根-子育て考 1 »