« 日々使う言葉 | トップページ | 言葉の使い方,選択,針の穴… »

親力

子育て,教育。

実を言うと,私,ちょっと,いやかなりコンプレックスがあります。

仕事をしている,忙しいという言葉にかまけて,
ちゃんとできていないんじゃないかなぁ~っていう。

そのコンプレックスを象徴するかのように(!),我が家には,教育本が結構山積みなっていて,でも,購入したものの怖くて,読めないというcoldsweats01 積読本が一杯。

先日,家の整理で数えてみたら,読んでない本10冊以上ありました…。

親に教育方針という軸がしっかりないと,
子どもが振り回されてしまうし,親も学校や塾やらの情報に振り回されてしまいますもんね。

で,これはちゃんと向き合わなければ,と,ちょっとまじめに向き合うことに決めました!

早速読んでみたのがこの本↓ 買ってから2年近く読まずじまいでしたが,良い本でした。


この本でいう「親力」とは,「親の教育力」のこと。

1章 子どもの「楽勉(楽しく勉強する方法)」をプロデュースする
2章 学力・人間力を伸ばす習慣
3章 幸せな親子関係の作り方
の三本立て

この本を読んで,なるほど!と思ったのは,

① 熱中体験を子ども時代にさせてやる。
  ウルトラマン等の一見,大人から見ると役に立たないということに夢中になる子がいる
  けれど,
  「自分で好きなことを見つけて突き進む力」というのは,
  「豊かな人生を切り開く基本的な才能」である。
  として,著者は,肯定的に受けとめます。
  そして,「究めさせてやる」ことを親に勧めます。

  究めて,「〇〇博士」になると,子どもは自信がつくそうです。
  そして,究められる力は,その後も役に立つ。
  そして,好きな物から,少しずつ興味の幅を広げさせてあげるとよいそうです。

  これには,なるほど~!と思いました。

② 家族写真は,愛情確認のためのツール。
  子どものアルバムは,お正月や誕生日等,節目節目に家族で開き,
  そして,その時の写真には,「親も一緒に」写った写真であるように。

  はよ,アルバムにせな。。。

③ 4月に子どもの教科書に目を通し,子どもが学ぶことを把握して,
  「ほんの少しの『レディネス』」を親が用意してやる。

  ちょっとでも,「これ,知ってる!」と思うと,
  授業の時の子供の意欲が全然変わるそうです。

他にも,有益情報満載でした。

そして,私の心に触れたのがこの言葉。

「気がついた時から,今から出来ることを淡々と粛々とやればよい」

焦る必要ないんです。子どもの力を信じて,淡々と。粛々とhappy01

|

« 日々使う言葉 | トップページ | 言葉の使い方,選択,針の穴… »

子育て」カテゴリの記事

コメント

cateこんちわ~。
昨日は有り難うございました!
私も子を持つ親として少々耳が痛いです(笑)。
親がどんな人か?が最重要だと思ってます。
cateのとこの子なら絶対大丈夫だね!

投稿: ゴードン | 2010年11月 8日 (月) 12時57分

ゴードン、コメントありがとう♡

親がどんな人か?ですか!ドキッ。
そうですね~。子育て、自分育て。
精進します(^_^)!

投稿: Cate | 2010年11月14日 (日) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/37526561

この記事へのトラックバック一覧です: 親力:

« 日々使う言葉 | トップページ | 言葉の使い方,選択,針の穴… »