« マミートラックに気をつけて | トップページ | どんなにきみがすきだかあててごらん »

ひかりの里のハル

ちょっと,固い記事が続きましたので,今日は柔らかい話題をcherry



先日,修習生のための選択型実務修習の中の
人権・男女共同参画という講座の中の1コマだった,

「弁護士のワーク・ライフ・バランス座談会」

なるものに,縁あって3名のパネリストの内一人として参加させて頂きました。
(最近,なぜかWLB漬いてるんです…。座談会の感想は,また後日,記事にします。)

その際,パネリストの一人に,大平光代さんのご主人様がいて,
最後に,大平光代さんが作成された絵本を「お子さんに」と頂きました。

ひかりの里のハル

Snapshot1288158416260483

この絵本は,大平先生が作成されたステンドグラスを,
大平先生自身が写真に撮影して,
文章も加えて作られた絵本だそうです。

ステンドグラスが,本当にデザインも色合いも美しくて,
子どもに読み聞かせながら,
家族みんなで「わぁ,きれい~!」と声を上げながら読みました。

三女は,読み聞かせ後も一人で頁をめくって,
絵を眺めていました。
子ども心に惹かれるものがあったのだと思います。

次の日,長女が,「読んで」って,持ってきたのはこの本でしたhappy01


ご夫婦は,授かったお嬢様がダウン症でいらしたので,
山里に引越をされて,
今,時間がゆっくり流れる自然の中で,豊かな生活を送られているとのお話でしたが,

その丁寧で,豊かな時間がこちらまで伝わってきて,

心が豊かになる絵本でした。


大平先生の著作,有名なのにまだ手に取る機会がなかったので,読ませていただこうと思いました。(「今日を生きる」と「陽だまりの時間」の表紙の写真は,ご主人さまが撮影されたそうです)

|

« マミートラックに気をつけて | トップページ | どんなにきみがすきだかあててごらん »

ワークライフバランス」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/37328220

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりの里のハル:

« マミートラックに気をつけて | トップページ | どんなにきみがすきだかあててごらん »