« 全身からだ革命1 | トップページ | 小雪・ギフト »

全身からだ革命2

前記事 にもかいた
パーソナルトレーナーの友人に勧められて読んだのが,この本。





多分,彼は,私の食事記録を見て,
私がどうしても,甘い物を食べ過ぎる傾向があるcoldsweats01のを,
改善するために,

私が,草刈民代さんが好きなのを知って(前記事にもあるし),
ダメダメという否定的な言葉を使わないで,
私自身が,いいイメージを持って,
自然と,無理せず,甘い物を断てるように,この本を勧めてくれたのでは?と思います。


20代の頃,お肉を一杯食べていた草刈さんは,
ついに体調を壊し,体の故障を経験して,体の改善を決意し,

ピラティス,陰陽料理,PNF

の三点から,それぞれ専門家に付いてもらって体を変えられたそう。
その後,44歳まで現役を続けられたのはご存知のとおり。



「自分の夢や理想に近づくためには,まずは健康的な身体と心」

「自分の身体をコントロールできるようになるということは,

常に健康的な精神を維持できることにもつながります」


私も10代,20代の頃は,すごい量のお肉食べていました
(おかげで,こんなに大きく なっちゃった)。
同期の男子に「肉食獣」と言われるほどcoldsweats01

そして,30代初めに来た肉体的破綻…。精神的にも参り,

レベルは違うけど,この言葉,とても共感できます。




本の内容は,とても分かりやすかったです。

参考になったのは,

・サプリメント,薬は陰性

・果糖は,吸収されやすく,睡眠中に失われたエネルギーを効率よく補ってくれる。
 ビタミンCは,活動中に必要とされて,睡眠中はあまり役に立たない。
 ↓
 なので,果物は,「朝は金,昼は銀,夜は銅」なんだそうです。そうだったのかー。

・血糖値が急に上下するのは望ましくない。
 黒砂糖も×。羅漢果糖がおすすめ。

・現代食は陰性に偏りやすいので,ブラックジンガーがおすすめ。

・海水塩は体が硬くなるので,岩塩がGood

・カルシウムは,牛乳より,ひじき,じゃこ,わかめ,しらすで摂るようにする

・みそ,ぬか漬け,天然醸造のしょうゆ,梅干しなどの発酵食品を1日1回摂るようにする

・典型的な理想の食事は,玄米,魚,味噌汁,野菜(温野菜,煮物にして)

・姿勢を気に留めたり,動作や所作を意識してみるだけでも,日常の過ごし方が変わる。

・ニュートラルな姿勢を生活に定着させる→目線が変わる

等等…少しずつ,日々の生活に取り入れてみようと思います。




「何を軸として意志を通し,選択すべきなのか」

「自分の身体を変えていく作業は,地道な努力の積み重ね。少しずつ,少しずつ進歩」

「美しさの追求とは,自分にとっても,また相手にとっても心地よいコミュニケーションの方法を導き出すこと」

「大切なのは,このような些細な喜びを増やしていくこと」

こういう,美しい,草刈さんの生の言葉が書かれているのもとても素敵でした。

|

« 全身からだ革命1 | トップページ | 小雪・ギフト »

健康」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

食べ物・料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/35028756

この記事へのトラックバック一覧です: 全身からだ革命2:

« 全身からだ革命1 | トップページ | 小雪・ギフト »