« twitter | トップページ | 無知は罪だと思う »

私のワークライフバランス

ワークライフバランスをテーマに掲げ,
書いているこのブログ。
(最近,更新が遅い…わかってます。またがんばりますってcoldsweats01。いつも見に来てくれてありがとう。)


ブログをつくったのが,2008年11月1日。

そして,その約3ヶ月後の2009年1月20日の記事に,

私はこんなことを書いています↓

「実は、この日々のブログの記事が、「心を開いて進化しよう」 という表題や、

ワークライフバランス」と、どう関連してるね ん!と、

読んでる人が思ってないかなぁ(私の中では、どの記事も関連してるつもり)、

これを説明しないとなぁ、と、思い、どう表現したものか、

苦しんでいたのですが、

まぁ、私の中できっちりアウトプットできるようになれば、

記事にしますので、気長にお付き合い下さい。」


で,その後もですね,1年近く,
ワークライフバランスという言葉に何故に,
私はこんなに反応してしまうのだろうと思い,

ワークライフバランスという言葉だけが,
今,社会中に上滑りしているようなかんじだけれども,
一体,ワークライフバランスの実体とは,なんぞや?

…等々

考え続けていたのですが,

最近,ようやくわかりました。



一般的に,ワークライフバランスとは,

「ワーク(仕事)」と「ライフ(生活)」をいかにバランスよく配分して,生きていくのか?
ということなのですが,

私にとっての真の意味は,

「ワーク」も「ライフ」もどちらも手に入れたい

という意味だと気付いたのです。


私にとって,
「ワーク」とは,自由を手に入れるためのものであり,
「ライフ」とは,を手に入れるためのものなのです。

そして,バランスというよりは,自由どちらも手に入れたい
というのが,真意なのだと。

そして,自由両方を手に入れるためには,
今の日本の社会においては,
まず,自分自身が強くなければならないんだ。
も,も,もね。

そして,子供を持つ女性が,
未だに,家庭に入るか?仕事ができるのか?と悩み続けるのは,
突き詰めていくと,
子供にしわ寄せがいくのではないか?
言いかえれば,
子供に愛情の種を十分に植えてあげられないことを恐れて,
女性は家庭を出ることができないのではないか?

という,その点に絞られてくるのではないか?

…なんて,

自分が散々悩んだだけに,
思い至ったわけです。

ワークライフバランスという言葉は,
まだ,私自身不勉強で,これからも学んでいこうと思っていますが,

二つの意味があるのではないでしょうか?

会社を初めとする社会・組織自体が,
ワークとライフのどちらも尊重して生きていきたいという人間を理解し,受け入れること。
そして,
個人(男女問わず)が,ワークとライフをどちらも手に入れて生きていこうと決意することです。

そして,本当のワークライフバランスが実現されるためには,
後者の部分が重要であって,
個人個人が,ワークとライフをどちらも手に入れようと決意するにあっては,
子育て期間の勤務時間数の減少や高質な保育施設の拡充等のハード面でのインフラが必要になってくる。

今は,前者の意味でのワークライフバランスを普及させることに必死で,
内閣府も企業も,
制度設計にばかり目が行っているけれども,
後者の個人レベルの問題もきっと出てくるはずです。

日本は,今,明らかな少子化にあり,隣国中国の台頭が顕著な中,
女性が働かなければ,日本という国自体が立ち行かなくなるのは目に見えている。

でも,女性は,子どもと夫を愛しているからこそ,働くことに躊躇している。

妻が働くことで生じるであろう夫の問題は,
夫自身の成長と,
今,みなが「ワークライフバランス」の名の下,
社会(組織等の内部の)の意識を変えれば解決できる問題だけれども,

子供の問題は,
未だ,まだ十分に議論されていない
母親が働いているときに,子供の教育をどうするのか?
という問題に突き当たるわけで,
高品質で,リーズナブルな保育施設はもとより,
その他の教育についてもまだまだ改善の余地があるはず。
(企業側の目線でいえば,サービスの開拓先は豊富にあるはず)です。
(詳細は,また別途記事にしますが)

結局,ワークライフバランスの真の敵は,

教育問題なのではないか?

そして,
子どもを育てるということは,次の時代の日本をつくることを意味するのではないか?

ならば,教育問題こそ,やっぱり一番考えなければいけない問題ですよ。政治家さん達。

なんて,思う今日この頃です。



また,ワークライフバランスについては,考えがまとまったら書きます。
「心を開く」ということについても。
(「心を開く」って,自分が強くないとできないんだよね)


今日は,名古屋で開かれた第6回渡り鳥の会で,
上に書いた私の考えるワークライフバランスについて
一部をプレゼンをさせていただきました。

(渡り鳥の会というのは,フォト リーディングの大本昌弘先生の受講生が集まって行っている勉強会で,非常にいつもクレバーで楽しい人が集まるので,いつもパワーをもらって帰ってきます)

みなさん,素晴らしいフィードバックをしてくださって,
人生で,一番,ほめられたんじゃないかな~happy01heart04
最高の体験をさせていただき,改めて感謝しています。

本当にありがとう…









|

« twitter | トップページ | 無知は罪だと思う »

ブログの目的」カテゴリの記事

ワークライフバランス」カテゴリの記事

コメント

感動的なプレゼン、ありがとうございました。

ケイトの人間性や想い。
プレゼンを聞いていたみんなに伝わって感動が生まれました。
何人もの人が泣いていたし、
価値観が変わった人も多かったと思います。
僕も今まで真剣に考えた事のない内容について、
初めて真剣に向き合う事が出来ました。
ありがとう。

ケイトの想い、僕にももちろん伝わりました。
ケイトの夢を応援、応援させてくれてありがとう。
ケイトの夢を実現させるためのチーム。
その一員である事は、大きな誇りです。
やりまっせ〜。

投稿: ルーク@渡り鳥の会 | 2010年2月14日 (日) 05時47分

Cateさん、こんにちは。

渡り鳥のプレゼン、本当にありがとうございました。
Cateさんの想いが心の芯まで届きました。
これから「ワークライフバランス」と聞いたら、Cateさんの顔が浮かぶと思います(笑)

Cateさんと同じような環境にいる人は、「自分もがんばろう!」と励みになったと思うし、
周りに子育てしている人がいる人は「サポートしよう!」と感じたと思います。

ワークライフバランスは、一人一人が自分の問題として捉えなきゃ、
あらためて感じました。

貴重なシェアをありがとうございました。

投稿: よーさい | 2010年2月14日 (日) 19時30分

Cate
オフ会お疲れ様

そして、そして、素敵なプレゼンをどうもありがとう。
私の心に大きなエネルギーとギフトが届いた感じです。

強くなりたいと思ったし、
自己開示をしていきたいと思いました。

こんな思いを3月の女子会のときにお話をさせてくださーい。

投稿: KIMUCO (キャンディ) | 2010年2月14日 (日) 22時37分

Cateさん
 オフ会ありがとうございました。
一生懸命こらえた涙がフィードバックのときに溢れてしまって...僕の素直な反応でした。
 これから自分の人生を力強く歩んでいく! Cateさん、応援しています。
 僕も自分のmissionを突き進んでいく勇気に気づきました。本当にありがとう! missionはやっぱイラストレーションです!!
 

投稿: miffy | 2010年2月15日 (月) 20時44分

Cateさんのプレゼン、最高でした。
心が揺さぶれました。
勇気をたくさんいただきました。
もうなんというか、あの場にいられたことが幸せでした。
私も自分ができるところから行動にうつしていくことで、Cateさんの応援をしていきたいと思います。
是非、何かお手伝いさせてください☆

最後に…、帰りの新幹線でもお話しできたことは本当に幸せでした。
次にお会いした際にもたくさんお話させてくださいsmile

投稿: ユアン | 2010年2月15日 (月) 23時27分

お久しぶりぶりです!
みんな、cateのプレゼンよかったぁ~!wink
感動したぁ~!happy02って言ってます。

いけませんねぇ~!
私がいない間にそんな素敵なプレゼン・・・

今回は参加できなかったのが、残念です。
リンジーがアップしてくれた写真から雰囲気が伝わってきます。

cateもいい顔してたよ!( ^ω^)おっおっおっお

投稿: アルト | 2010年2月16日 (火) 21時16分

ルーク

すぐのコメントありがとう。
新幹線も同じのに乗れています。
気にかけてくれて本当にありがとう。

そして,今後に向けての熱い言葉!
ありがとうー!泣きそうに嬉しいです。
私も必死についていくよ。
よろしく!


よーさいさん

早速,温かいコメントとトラバありがとうございます。
そう言っていただけると,
思い切ってドリプレやってよかったな~と,
思います。
ぜひ,次回はゆっくりお話しさせてください。


KIMUCO(キャンディ)

キャンディは,私には本当に憧れの女性です。
その多才な能力に圧倒されっぱなしです。
でも,少しは私からもgiveできたようで,
本当に嬉しい。
3月の女子会でぜひ熱く語りましょう。


miffyさん

当日は,心のこもったフィードバックありがとうございます。
私もすごく共感しました。
missionイラスト,いいですね~。
本当に私はmiffyさんのイラスト,
透明感があって,でも温かみがあって好きです。
応援しています。


ユアン

いつも応援してくれてありがとう。
プレゼン中,初めに泣いている人を見つけたのは,ユアンでした。
驚いたのと,こっちも共感してくれていることが嬉しくて,一瞬泣きそうになりました。
私は,ユアンの高潔な人間性をいつも尊敬しています。
これからもどうぞよろしく。


アルト師匠!

そうなんですよ~。みんな,すごい褒めてくれたんですよ~。
師匠は,何でいなかったんですか~
師匠にも聞いていただきたかったです。
また,機会があればぜひ。
いつもコメントありがとうございます。
なごみます(笑)

投稿: Cate | 2010年2月17日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/33369757

この記事へのトラックバック一覧です: 私のワークライフバランス:

» フォトリーダーの祭典「渡り鳥の会」、名古屋の地に聖火が灯る [フォトリーディング思考習慣]
名古屋行き新幹線のニュースで、オリンピックがスタートしていることを知りました。完全に乗り遅れてます・・・代表選手がオリンピックに向けて技を磨き、本番で最高のパフォーマンスを発揮する。見ているだけで感動します。そんなオリンピックにも勝る、「熱く」、「感動的....... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 23時18分

« twitter | トップページ | 無知は罪だと思う »