« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.01読書メモ

もうすぐ,3月になりますね。

道端を見ると,
おおいぬのふぐりや,ピーピー豆,ほとけのざ,はこべ等が咲いていて,
てんとう虫がいたりして,
あ,春だなぁ~と幸せな気分になります。

春は,やっぱり心がうきうきしてきて好きだなぁcherryblossom

春よ,はやく来い。

1月の読書メモです。
数日後に,2月の読書メモアップします。

今年に入ってから,読書量減ってますね。

どれだけ読むか?どの本を読むか?というより,
「この本を読みたい」という気持ちが大事かなと思います。

1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2079ページ

つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
読了日:01月31日 著者:勝間 和代,広瀬 香美
「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
読了日:01月30日 著者:ジョエル・コム
Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
読了日:01月28日 著者:津田 大介
ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力
読了日:01月27日 著者:ブライアン・トレーシー
超ラクラク スピーチ術超ラクラク スピーチ術
読了日:01月26日 著者:浜田 幸一
幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる
読了日:01月15日 著者:望月 俊孝
もっと子どもとうまくいく!働くお母さんの習慣術もっと子どもとうまくいく!働くお母さんの習慣術
読了日:01月14日 著者:たけなが かずこ
マッキンゼー式 世界最強の仕事術 (SB文庫)マッキンゼー式 世界最強の仕事術 (SB文庫)
読了日:01月13日 著者:イーサン・M・ラジエル
癒しの手 ―心もからだも元気にするレイキ・ヒーリング― (ゴマ文庫)癒しの手 ―心もからだも元気にするレイキ・ヒーリング― (ゴマ文庫)
読了日:01月07日 著者:望月 俊孝
明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)
読了日:01月06日 著者:佐藤 尚之

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の雲

以前の記事に2009年一番のドラマは,

NHKドラマスペシャル 白州次郎

かも。と書きましたが,

それを超えるドラマだったと思うのは,

NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」


司馬遼太郎原作の

明治元年生まれの秋山真之とその兄秋山好古,友人正岡子規の3人の物語です。

今年の年末と来年の年末に第2部,第3部が放映予定と3年にわたる大作です。


明治維新が終り,新時代の幕開けとともに育った真之達の高揚感と

迷いのない,明るい上昇志向を感じる突き抜けた空気に,

毎回,見終わった後に晴れ晴れとした気持ちになりました。


第2部以降は,日露戦争が舞台となっていくのでしょうが,

明治時代(私にとっては,祖父母の少し上の世代)の日本人の意識などが

身近に感じられて,初めて明治時代に興味を持つことができました。


役者さん達の力の入り方もひしひしと感じますし,

まだ見られていない方は,今後,必見です。


そして,エンディングも秀逸。

久石譲作曲,サラ・ブライトマンが歌うエンドロールは,

冒頭,山道登る足元を見つめる視点から始まり,

だんだん視点が上がっていき,山々を超える峰道を見つめ,

その先にある,雲と空へと視点が移っていく。

そこに三羽の鳥が大空に向かって飛んでいくんですね。

まさに,

立 志 越 山

と,司馬遼太郎が描きたかったであろう当時の人たちの

心情を象徴化した感動的なエンドロールです。

しかも,タイトルは

「Stand Alone」

初めてタイトルを知った時は感動で震えました。


この曲,歌詞付きのバージョンもあるのですが,

この歌詞も一言も無駄のない素晴らしい歌詞です。

最後の部分のみご紹介。

小山薫堂作詞

「はてなき想いを 明日の風に乗せて 

わたしは信じる 新たな時がめぐる

凛として旅立つ 一朶の雲を目指し」


前回までの記事でも書いているプレゼンのテーマにぴったりと思い,

プレゼンに際しては,このサウンドトラックをBGMに使用させいていただきました。

ドラマを見られた方もぜひ,聴いてみてください。

      
NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ,サラ・ブライトマン

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私の去年1年間を一言で表すならば,
(この時期に昨年の振り返りかい?等とツッコマないこと!)



「 友 」

昨年は,夏に父が亡くなったり,
本当に心理的にしんどい年だったのですが,

様々な友人が,有形無形で支えてくれて,なんとか乗り切られたな…と,
どれだけパワーをもらえたことか…
感謝してもしきれません。
今の私が笑っていられるのもみんなのおかげです。
ありがとう。

下の子も3歳になったし,
仕事も今はだいぶ減らしてもらって(いつか恩返しをしようといつも思っています)
少し,余裕が出てきたこともあって,

昨年頃から,
久しくご無沙汰していた
大,中,小時代の友人,同業の友人,ママ友問わず,
いろんな人と会うようにしています。

私,かなりマイペースで,
どちらかというと引っ込み思案で,
人見知りをする性格で,
群れるのがあまり好きでなくて,
ちょっと,ひねくれているのでcoldsweats01

自分でも,そんなに人が好きなタイプではないと思っていたのですが,

振り返ると,
結構,みんなと楽しい時を過ごしたことが,良き思い出として思い浮かぶことが多くて,
意外と,人が好きなんだと気付きました。



「人を変えられるのは,人しかいない。」

「今,誰とつながるか?」

という言葉を教えてくれたのは,大本先生。

最近,本当にそうかもしれないな~と思います。



私のブログを見に来てくれている人は,
多分,中,高,大の同級生と,
同業の人数人(まだ,あまり同業者には言ってない。はずかしくってsweat01
親業(子どもを通じて知り合った)の人,
合わせて,推定7割くらいと,

渡り鳥の人たち(渡り鳥とは,大本先生のフォトリーディングの講座を受けた受講生が集まって作っている勉強会です)推定3割くらい?なので,

これまで,渡り鳥のことは,あまり全面的には書いていなかったのですが,
今回は,多くの人がエールしてくれたので,少し紹介させてください。

(ちなみに,渡り鳥は,一羽で飛ぶときよりも,群れを組むことで一羽ではたどり着けなかった遠くの場所までたどり着く。ということから,大本先生が名付けられた言葉です。)

2月13日の名古屋であった渡り鳥の会で,

これまでの記事にも書いたように,

いままで,子育てと仕事の両立で悩み続けた私が,
どのようにして,答えを見つけ出すに至ったのか?

そして,
私は,やはり家庭を大切にしながらも仕事を続けていきたいと決意し,

両方,手に入れたいという意味でのワークライフバランスを実現したい

という私自身のと,

また,私だけでなくて,
男女を問わず,日本全体が,
子育てと仕事どちらも大切にすることが当たり前となる時代が来なければいけない

と思う。
というのが,私のすところだということを,

「自由と愛のワークライフバランス」というタイトルで,
プレゼンをさせていただきました。

とても,みなさん,共感してくれまして,
すごくワークライフバランスについて,真剣に考えてくれるようになったと,
言ってくれた人が多くて,

約10歳くらい若い男の子に
「最高の旦那を目指すよ。」と言ってもらい,
次の世代の男子にこの言葉を言わせたら,私のプレゼンは大成功だぁ~!!
と,
かえって,私の方が勇気をもらいました。

私も,生まれて初めて,
自分の言動で,
人に何か影響を及ぼすようなことができたのでは?と思い,

自分に今起きていることが,
奇跡shineのような気もしています。

せっかく,多くの方が,ブログで記事にしてくださったので,
その気持ちを私のブログでも残しておきたいので,ぜひ紹介させてください。
そして,渡り鳥の人たちと同じくらい,これまで一緒の時を過ごしたこれまでの友人にもいつも感謝しています。
みんな,いつもありがとう confidentheart02

・よーさい : フォトリーダーの祭典「渡り鳥の会」,名古屋の地に聖火が灯る
・キャンディ: 渡り鳥の会 名古屋で開催されました~! 

・キャンディ: 渡り鳥の会の共振現象,そして,新月のマインドマップ
・ルーク(葉坂多壱貴): 渡り鳥の会at名古屋
・ゴードン : 渡り鳥の会 第6回

・choco  : 第6回渡り鳥の会オ フ 会

・ウィル  : 第6回渡り鳥オ フ 会

・SOUL  : 渡り鳥の会のプチ感想
・SOUL  : 第6回 渡り鳥の会に参加してきました

・悟 空  : 大空に羽ばたきたいのなら、自分の周りにある枠を取り 外せ

・ミッフィー: 【P.R.】渡り鳥 オフ会

・アリエル: ☆渡り鳥☆・*+In 名古屋 ☆・*+

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

なぜ働くのか?

前回,記事のとおり,
子どもの小さいとき(特に三女が生まれるまで)は,
仕事もいっぱいして,
身も心も満身創痍で,走り回っていました。

長女を出産して産後2ヶ月の産休中は,
まだ,何にもわかっていなかった私は,
「お休みも,もう飽きたな~。」なんて思っていて,
復帰するのもそんなに嫌じゃなかった。
仕事を辞めようかなんて,全く考えていませんでした。

でも,産後2ヶ月って,まだ赤ちゃんはミルクしか飲まないし,
まだ,寝返りもしないし…という,
その後,訪れる怒涛の嵐の前の静けさとでもいう時期でcoldsweats01
復帰後の大変だったこと!

保育園閉園7時ぎりぎりに,走ってお迎えをして,
片手に保育園の着替えと布おむつの入った一泊旅行に行くくらいの荷物。
もう片方の手に,子どもが寝てからしようと思って,持って帰った重い荷物。
それを両手に,当時は運転できなかったので,バギーで帰る。

帰ってからも,洗濯の山…。


自分が,理想と思っていたお母さん像や,
幸せの形とは,あまりにかけ離れていて,
苦しくって,しんどくって…

半年くらい経つと,長女と同じくらいの子どもを連れて,
優雅に(と,私には見えた)お散歩をしている母子が羨ましくて,
反面,
こんなことをしていて,私は子育てに後悔しないだろうか?と,
不安になって…
もう,わけわからない状態だったなぁ。

保育園の懇談会でも,
「こんな生活で子どもはまともに育つだろうか?」と不安で,
同席していた先生や他の保護者の方は嫌だっただろうけど,
いつもグズグズと話していました。
(きっと,この頃の私を知っている人は笑って読んでるはずcoldsweats01

この頃から,

私,何で働いているんだろう?

とか,

仕事辞めようか?

自分のことで一杯一杯な私が人を助ける仕事が務まるのだろうか?

という質問がぐるぐると頭を駆け出し始めました。


そして,三女の思いがけない(笑)妊娠!

びっくりしたし,

二人でも,こんなに大変なのに三人の母なんて私に務まるの?と

かなりかなり動揺したけど,Cac8qnyu

(たくさんの人に励ましてもらいました~今でもすごく感謝しています。
右→の写真は,友人がプレゼントしてくれた巻頭特集で3人子持ちの働く母が幸せを語るAERA06.6.19号。私の宝物の一つです。)

 

これは,神様や三女が,

一度,立ち止まって,仕事と家庭をどうしたいのかじっくり考えてみなよ

と,言っているに違いないと思い,

思い切って,1年半の育休をもらいました。



今でも,この1年半の育休で自分を見つめなおす時間を持っていなかったら,

今の私はないと思うので,

三女と,三女を授けてくれた神様にはとても感謝をしています。



でもね。見つめなおす機会を経ても

仕事,辞めなかった。

なぜか?

当時はわからなかった。

だから,

復帰後も,三人の保育園の送り迎え,次の年は,長女の小学校が始まると,

また,苦しくなって,

「なぜ,働いているのか?」

「私は,何がしたいのか?」

という質問が…再びぐるぐると…


そして,ずっと思い起こしていくと,

私は,自立していたい。自由でいたい。

という思いが,どうしても捨てきれなくて,

だからこそ,

家庭と仕事が両立できるのかな?と思い,弁護士という職業を選び,

仕事をしていたことに気付きました。


万一,パートナー(夫)と別れたくなっても

(夫の名誉のために言っておくと,今は,そんなことはない。)

働いていなかったら,別れられない。

自分が無収入だったら,私は,夫に対し,対等になれない。

私は,きっとどこかで,依存してしまう。

万一,パートナーが,病気で倒れた時,うろたえず,私が支えてあげたい。

私は,対等に,精神的に自由な立場で夫婦を続けたい。

(以上は,あくまでも私が私自身の人生を考えたときのことで,
違う考え方もたくさんあって,そういう考え方もきちんと筋が通っているということも,
理解しているつもりです。どれも正解なんだと思っています。
正解は,その人が決めることだから。)


そう思ってるからこそ,

人から見たら,

アホみたいにぼろぼろになりながらも,

三人も子どもを持ちながら,もう仕事辞めたら?と言われながらも,

若干,なんでまだ働いているの?的な反応をされながらも,

必死に仕事をしていたんだなぁ,と。

そう思い至ることができて,

ようやく,仕事に対しても前向きに向き合えるようになりました。




すご~く,回り道したけど。

ずいぶん,気が楽なってきている今日この頃ですclover



龍馬伝
第6回で,

吉田松陰が,龍馬に言う言葉。

「君は何者じゃ。 何のために天の下におる。

君のやるべきは何なんだ。

考えるな!

己の心をみよ。

そこには,もう答えがあるはずじゃ。」


| | コメント (0) | トラックバック (1)

無知は罪だと思う

長女を出産して産後2ヶ月で復帰してから,
三女を出産するまでの4年間。

私は,ずっーと,眉間にしわ寄せてangry歩いていたなぁ…

とよく思い出します。

毎日,時間に追われる生活で,
いつも駆け足で歩き,
早口で話し,
職場では,少しの時間も惜しくて,ばたばたと走り回っていました。

二人のお母さんで通訳等をされている枝廣淳子さんの
「朝2時起きで、なんでもできる! (サンマーク文庫)」なんかを読んで,
子供と一緒に添い寝して,午前3時に起きて仕事をするという計画を
真剣に立てたり(3日しか続かなかったけど)…

いつもいつも,時間も,やらなきゃいけないことも
いっぱいいっぱいで,

あの頃の私を針で触れたら…,

きっと,パチンとはじけて泣きだしてただろうと思います。

「知らない」ってことは,罪だと思います。

私は,当時,
「子どもを産む」ということについて,
「子どもを育てる」ということについて,
あまりに何も知りなさ過ぎました。

いわゆるお勉強ばっかりしてきた
頭でっかちで,

子どものことも,体のことも知らなさすぎた。

同期でも,同級生の中でも,出産は早い方だったから,
周りにママ業の先輩はいなかったし,
従姉妹の中でも一番初めに出産したので,
生まれたての赤ちゃんというものをみたこともなかった。

初めは,抱っこの仕方すらわからなかった。

佐光紀子さんが,著書毎日楽ちん ナチュラル家事 (知恵の森文庫) のまえがきで

「私は,子どもを産んで,子どもを保育園に預けて,
少し,自分の時間を子育てに費やせば,
産前と同じように仕事もできると思っていた…。
でも,それは大きな間違いだった…」

という趣旨のことを書かれていて,
次女の産休中だった私は,思わず

「私と一緒っ~~!」

と膝打って,叫んだことがあります。

今から,振り返ると浅はかだったと思います。


私の無知のために,ずいぶん夫と子供には無理をさせただろうなと思います。

今でも,その頃のいっぱいいっぱいだった生活のことを思うと,本当に胸が痛みます。

でも,当時の私の頭では,
精一杯考えた結果だったし,精一杯のことはしていたつもりで,
その結果は,受け入れるしかない。

子どもが小柄だというだけで,離乳食を毎日ちゃんと作れなかったから?と自分を責め,
近所のお母さんがゆったりと子どもと接しているのを見て,
勝手に動揺して傷つき,
困っている人を助ける仕事なのに,
「私も助けてほしいよ。」と思いながらも,
ずっと心にレバレッジをかけ続けて,ふんばってきました。


そんな経験を経て,自分の考えが浅はかだったと気付き,

「知らない」ということは,罪だ。

と思い,


優しさとは,人と物事をよくってこそ達しうるものだ」
と思い至りました。


そこで,次女の出産のため,産休をもらってから,

これまでの自分の無知を埋めるように本を読みだすようになりました。


最後に,

次女の名は,「人や物事をよく知り,優しい人になってほしい。」という意味を込めて

知優(ちひろ)」といいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私のワークライフバランス

ワークライフバランスをテーマに掲げ,
書いているこのブログ。
(最近,更新が遅い…わかってます。またがんばりますってcoldsweats01。いつも見に来てくれてありがとう。)


ブログをつくったのが,2008年11月1日。

そして,その約3ヶ月後の2009年1月20日の記事に,

私はこんなことを書いています↓

「実は、この日々のブログの記事が、「心を開いて進化しよう」 という表題や、

ワークライフバランス」と、どう関連してるね ん!と、

読んでる人が思ってないかなぁ(私の中では、どの記事も関連してるつもり)、

これを説明しないとなぁ、と、思い、どう表現したものか、

苦しんでいたのですが、

まぁ、私の中できっちりアウトプットできるようになれば、

記事にしますので、気長にお付き合い下さい。」


で,その後もですね,1年近く,
ワークライフバランスという言葉に何故に,
私はこんなに反応してしまうのだろうと思い,

ワークライフバランスという言葉だけが,
今,社会中に上滑りしているようなかんじだけれども,
一体,ワークライフバランスの実体とは,なんぞや?

…等々

考え続けていたのですが,

最近,ようやくわかりました。



一般的に,ワークライフバランスとは,

「ワーク(仕事)」と「ライフ(生活)」をいかにバランスよく配分して,生きていくのか?
ということなのですが,

私にとっての真の意味は,

「ワーク」も「ライフ」もどちらも手に入れたい

という意味だと気付いたのです。


私にとって,
「ワーク」とは,自由を手に入れるためのものであり,
「ライフ」とは,を手に入れるためのものなのです。

そして,バランスというよりは,自由どちらも手に入れたい
というのが,真意なのだと。

そして,自由両方を手に入れるためには,
今の日本の社会においては,
まず,自分自身が強くなければならないんだ。
も,も,もね。

そして,子供を持つ女性が,
未だに,家庭に入るか?仕事ができるのか?と悩み続けるのは,
突き詰めていくと,
子供にしわ寄せがいくのではないか?
言いかえれば,
子供に愛情の種を十分に植えてあげられないことを恐れて,
女性は家庭を出ることができないのではないか?

という,その点に絞られてくるのではないか?

…なんて,

自分が散々悩んだだけに,
思い至ったわけです。

ワークライフバランスという言葉は,
まだ,私自身不勉強で,これからも学んでいこうと思っていますが,

二つの意味があるのではないでしょうか?

会社を初めとする社会・組織自体が,
ワークとライフのどちらも尊重して生きていきたいという人間を理解し,受け入れること。
そして,
個人(男女問わず)が,ワークとライフをどちらも手に入れて生きていこうと決意することです。

そして,本当のワークライフバランスが実現されるためには,
後者の部分が重要であって,
個人個人が,ワークとライフをどちらも手に入れようと決意するにあっては,
子育て期間の勤務時間数の減少や高質な保育施設の拡充等のハード面でのインフラが必要になってくる。

今は,前者の意味でのワークライフバランスを普及させることに必死で,
内閣府も企業も,
制度設計にばかり目が行っているけれども,
後者の個人レベルの問題もきっと出てくるはずです。

日本は,今,明らかな少子化にあり,隣国中国の台頭が顕著な中,
女性が働かなければ,日本という国自体が立ち行かなくなるのは目に見えている。

でも,女性は,子どもと夫を愛しているからこそ,働くことに躊躇している。

妻が働くことで生じるであろう夫の問題は,
夫自身の成長と,
今,みなが「ワークライフバランス」の名の下,
社会(組織等の内部の)の意識を変えれば解決できる問題だけれども,

子供の問題は,
未だ,まだ十分に議論されていない
母親が働いているときに,子供の教育をどうするのか?
という問題に突き当たるわけで,
高品質で,リーズナブルな保育施設はもとより,
その他の教育についてもまだまだ改善の余地があるはず。
(企業側の目線でいえば,サービスの開拓先は豊富にあるはず)です。
(詳細は,また別途記事にしますが)

結局,ワークライフバランスの真の敵は,

教育問題なのではないか?

そして,
子どもを育てるということは,次の時代の日本をつくることを意味するのではないか?

ならば,教育問題こそ,やっぱり一番考えなければいけない問題ですよ。政治家さん達。

なんて,思う今日この頃です。



また,ワークライフバランスについては,考えがまとまったら書きます。
「心を開く」ということについても。
(「心を開く」って,自分が強くないとできないんだよね)


今日は,名古屋で開かれた第6回渡り鳥の会で,
上に書いた私の考えるワークライフバランスについて
一部をプレゼンをさせていただきました。

(渡り鳥の会というのは,フォト リーディングの大本昌弘先生の受講生が集まって行っている勉強会で,非常にいつもクレバーで楽しい人が集まるので,いつもパワーをもらって帰ってきます)

みなさん,素晴らしいフィードバックをしてくださって,
人生で,一番,ほめられたんじゃないかな~happy01heart04
最高の体験をさせていただき,改めて感謝しています。

本当にありがとう…









| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »