« 梅崎和子先生 | トップページ | 読書メモ 2009.10 »

来年の手帳

実は,2週間前,手帳を失くしてしまいましたcrying

手帳を失くすなんて,初めて。

もう,落ち着かないのなんのって。
自分の一部がなくなったみたいな喪失感に,
数日間,おろおろしてしまいましたweep

仕事のスケジュールは,職場のネットワークにインプットしていたので,
概ねフォローできましたが,
子供の行事やら,プライベートの日程は,
すぐにわからず,過去のメールやらを探して,日程を埋めなおしました。

落とした可能性のある場所には,
全て連絡し,実際に行って探したり,何回かしつこく聞きましたが,2週間経っても出てこないので,
もう,ちょっと,無理かなぁ…sweat02

手帳には,思いついたことやら,
気になったこと,
ちょっとした豆知識など,全て書き込むので,

自分の一部が無くなったみたいで
ほんと,寂しいです。

今からでも遅くない。戻ってこいよ~。

で,来年度の手帳が出だしていることもあり,
新しい手帳を買いました。

書店に行き,いろんな手帳が出てる中,最終選んだのは,
本年に引き続き,

やはりこれ↓ 

    
ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2010(黒)

著者:陰山 英男

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2010(黒)

陰山手帳のよさについては,昨年の記事を参照下さい。

ものすごく使いやすいです。

ちなみに,旦那も,私のを見て,珍しく?真似して昨年度から使ってます。

買ってすぐに,

裏表紙に「拾われた方は,ぜひご連絡下さい。」と書き込みましたcoldsweats01

陰山手帳を使い出したきっかけは,
小室淑恵さんが,使っていると知ったことでした。

他の女性経営者が,ブランド物の手帳を紹介している中,
地味?な陰山手帳を敢えて紹介しているので,興味を持ち,現物を目にして納得でした。

特に,私生活と仕事や,子供さんが多い方など,複数のスケジュールを管理しないといけない方には,とても使いやすいと思います。

で,来年度は,その小室さんも手帳を出しているので,
こちらもチェックしてきました。      

小室淑恵のワークライフバランス手帳2010

著者:小室 淑恵

小室淑恵のワークライフバランス手帳2010

やはり,陰山手帳を勧めていた小室さんの手帳だけあって,
見開き1週間,30分毎の罫線入りタイムバー,タイプ。

また,10min.(テンミニッツ)という付箋による仕事管理のツールと合わせて使えるようデザインされています。10min.自体も中に付いてます。

特筆すべきは,巻頭,末尾に,
ワークライフバランスを実現するための思考法や,
スケジューリングのこつ,
資料がたくさんついていること。

メモ欄が,陰山手帳に比べると圧倒的に少ないので,
通常使用は,陰山手帳ですが,
迷いに迷って,小室さん手帳も買ってしまいましたsweat01

後,書店で見て面白かったのが,苫米地英人さんの

夢が勝手にかなう手帳2010 (講談社BIZ)

1ページ一日ですし,その半分は自分の夢について記入するので,
仕事に使うには,使いにくそうでしたが(笑),
日記のようにして使うなら,おもしろいかもしれません。

後は,マインドマップ手帳が気になるのですが…

手帳を複数持ってても仕方ないですしね~。
でも,手帳オタクなので,いろいろとそそられます。

|

« 梅崎和子先生 | トップページ | 読書メモ 2009.10 »

道具に凝ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/32079171

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の手帳:

« 梅崎和子先生 | トップページ | 読書メモ 2009.10 »