« 紫陽花 | トップページ | 2009.06 読書メモ »

桜の皿

約一年前,1年5か月の育休が明けて,一番はじめに担当した仕事で,

毎月1回,京都に行っていました。

そこで,以前記事にした aura を知り,

一目ぼれしたのが,桜の皿

京都での仕事が,自分の中で,少し思い入れのある仕事だったこともあり,

この仕事が気持ちのいい形で終了したら,

この皿を記念に買おうと思っていました。

4月,ようやく終了。

納得のいく形だったので,購入しました。

めったにこういうふうな買い物はしないのだけど,

時折,一期一会で巡り合ったものは,より深い愛着が湧きます。

このお皿,5枚の小皿が,いろいろな形に変化します。

163 こんな風に置くと,桜に。

165 このように並べて置いたり,

173 収納する時は,こんなにコンパクトに。

こういう遊び心のある物に弱い私happy01

5人家族なので,永く永く使っていこうと思います。

(ちび達が割りませんように…)

|

« 紫陽花 | トップページ | 2009.06 読書メモ »

自分の好きな物」カテゴリの記事

コメント

おはようです。
桜の皿、すてきなお皿ですね。
5枚で1つというところにグッときます。
しかも、こういう重なる小皿みたいなものって使いやすいんですよねー。僕も欲しいーって思いました。
実は個人的に陶器や磁器は大好きです。
趣味で陶芸をしているんですが、こんな素敵なお皿を作りたいと思いました。磁器も楽しそうだなー。
やっぱり凛とした雰囲気の作品は、買わなくも、見るだけでも超ハッピーな気分になります。
よく作家さんの個展とかに行って、作品からエネルギーをもらいます。ぜひお勧めですよ。
想いをいれる前に、僕は衝動買いになってしましますが(笑)

投稿: ウィル | 2009年6月30日 (火) 08時06分

ウィルさん,コメントありがとうございますheart04

ウィルさん,陶芸がお好きなんですか!
写真も上手だし,絵も上手だし,なかなか懐深いですねwink

陶芸や磁器,私も興味はあるんです。
白州正子さんの本などを読んでると,
いつかは有田に行って見たいと思ったり。

また,お話聞かせてください。

投稿: Cate | 2009年7月 1日 (水) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/29685203

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の皿:

« 紫陽花 | トップページ | 2009.06 読書メモ »