« 「自分の木」の下で | トップページ | 道具に凝ろう!~第一弾:タイマー »

三十にして立つ。で、二十は…?

最近、頭の中に、

孔子の

「三十にして立つ。

四十にして惑わず。…」

のフレーズが、思い浮かび、

あれ?二十は、なんだったけなぁ?と、思って、

思い出そうとするけど、思い出せない。

で、調べてみました。

「子の曰く、吾れ

十有五にして学を志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず」

二十はないんですね!

自分の二十代を振り返って考えてみるに、

二十は、いろんな行動をして当たって砕けて学ぶ時代なのでしょうか!?

混沌としてたなぁ。私は…(^^;

三十にして、早く立てるようになりたいです!

|

« 「自分の木」の下で | トップページ | 道具に凝ろう!~第一弾:タイマー »

美しい言葉」カテゴリの記事

コメント

そういえば20代はなかったんだね~!
なるほど。
norikahoたんのブログは勉強になるからいいっo(*^▽^*)o

確かにパーコも20代は迷走してた。あちこちに走ってはぶつかり、走ってはぶつかりしてたなぁ(*´Д`*)
20代はそうやって自分の道を探せってことなのかしら。
30にしてようやく人間らしくなってきた気がする。
20代の肌やら体力には戻りたいけど20代のころの自分の性格には戻りたくないわ( ̄Д ̄;;

次は40ね。惑わないなんて無茶な話だ(;;;´Д`)

投稿: パーコ | 2008年11月14日 (金) 07時06分

きゃぁheart04
お役に立ててるなら、この上なく嬉しいですhappy01

そうそう、私も肌は20代に戻りたいよ…(泣)

投稿: Cate | 2008年11月14日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/25213526

この記事へのトラックバック一覧です: 三十にして立つ。で、二十は…?:

« 「自分の木」の下で | トップページ | 道具に凝ろう!~第一弾:タイマー »