« 工藤奥様,待ってました! | トップページ | 自分の才能って何? »

道具に凝ろう!~第二弾:着眼点

道具に凝ろうシリーズ、いろいろ紹介したいのですが、

Outputが、追いついていない状態ですcoldsweats01

(まぁ、日々も生活も大事なので、これもよしとしましょう。)

今回は、道具に凝ることによるメリットを明確にするという視点について。

私が、道具に凝ることの大切さに、気づいたのは、

最近でして。

道具にちょっとだけこだわってみると、

ちょこっとだけ、日常の小さな動作が快適になって、

おぉ!とか、にまっ!とか、ちょっとした楽しさshineにつながるのです。

例えば、筆箱に小さ目のテープのりを入れておくと、

家の中でも、外でも、ちょっと使いたい時に、すぐに取り出せ、

手も机も汚れない、ので、物事がスッーと、処理できて、意外と快適度は高いheart04です。

(筆箱に、小さめのホッチキスも入れています。これも意外に便利)

物、一つ買うにも、「何となく」とか、「漫然」と、買うんじゃなくて、

(百均で勢いで買ってしまうことも、もちろんあるけれど)

どういう利点があるのか、

デザインは、見た目だけしか考えられていないか、

あるいは、もう少し、深い意味があるのか?

そういう着眼点と基準を自分の中に作ってみると、

また、物を楽しむ視点が増えて、日常が楽しくなります!

そういう物の見方を、教えてくれた一人が、石黒智子さんです。

(本やHPを通してですが)

売れ筋なのは、

「心地よい暮らしのシンプルキッチン」

「わたしの日用品」

で、もちろん、これも非常に参考になるのですが、

私が、

一番、参考になったのは、この本↓

「大人のための素敵な良品生活のすすめ-最小限のもので、贅沢する技術」

この本は、まだブレイク前に書かれたものなので、

写真でなく、著者の手書きの挿絵なのが残念ですが、

(でも、著者のHPには、その写真が載っていたりして、ちょっと嬉しい)

文具に至る日用品について記載されているので男性でも参考にしやすいと思います。

例えば、普段から、小さめのメジャーを持ち歩いて、物の長さを数値として把握しておく。

とか、

子供に持たせる色鉛筆について、発色のいい物を選ぶとか、

夫は、自分が持っている衣類の整理法が気に入ったようでした

(ファイルだけ買って、実行に移せていないようですが…smile

ご本人は、主婦の方なので、

この著者の本の内容は、女性向けだとは思いますが、

安易に家事本と思って、読むと度肝ぬかれますtyphoon

私は、はじめ、ちょっと拒絶反応を起こして、読むのをやめてしまったくらいです(^^;。

なんと言っても、この著者、頭が理系なんです。(文系の私は、このようにアバウトに表現しますが、伝わるかな?)。

なので、道具を見る目が、論理的、緻密、合理的です。

そして、文章が理知的。

でも、二度目に読むと、奥深い。

今や、心地よく感じます。

すごい人です。

ただ、若干、他のものを寄せ付けない完璧主義的な傾向が伺え、

(もちろん、だからこそ、この方の秀逸性があるわけですが)

もう少し、遊び心があっても、いいんでないかな。

とも、思うわけですが、道具を見る視点という意味では、大いに参考になります。

|

« 工藤奥様,待ってました! | トップページ | 自分の才能って何? »

道具に凝ろう」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も道具は凝る方です。
だって気に入った品だとずっと付き合っていけるから。
お気に入りは、ボールペン!
東京の職人さん作、手作りの品。
高級ブランドではないけれど、心のこもっていることが
なんとな~く伝わる、世界に一つ、私だけのペン。
いつも持ち歩いてます(^∇^)

投稿: テリー | 2008年11月25日 (火) 22時42分

特に自己啓発に関わる道具は凝った方がいいですよね。
自己啓発というと、もともと取り掛かかるのにやる気を奮い立たせる必要があるので、道具がよいと少しでもその壁を低くしてくれますもんね。

私の場合、
ノートPCについては持ち運びが苦にならないよう徹底的に軽さにこだわるべきところを、金銭的問題から5万円PCにしてしまいました。VAIOやLet'snoteと比べると、300g程重たいです。

Audiobookを聞くためのポータブルプレイヤーについても、すぐに聞き始められるようクリップで衣類に止められる物を買いなおすべきところを、金銭的な問題からiPodvideoをそのまま使うことにしました。大きさや重さを考えると、常にポケットに入れておくわけにはいきません。

「それでもなお、壁を乗り越えて自己啓発するねん」と自分に言い聞かせてます。私の場合は、この考えがかえってよい刺激になります。

>なんと言っても、この著者、頭が理系なんです。

実は私理系学部出身なんです。でも、周囲から理系と思われることは皆無です・・・

投稿: 石黒暁久 | 2008年11月26日 (水) 06時48分

いつもコメントありがとうございます。
書いたものに反応があると言うのは、
やっぱり嬉しいものですhappy01

テリーさん

へ~!手作りのボールペンですか!
すごい興味あります。
今度、見せてください!

石黒さん

ノートPC、私は以前、軽さを追及して、当時一番軽かったPCを買ったら、構造的に弱かったようで、
何度も修理し、最終的に動かなくなりました(泣)。

憧れは、Let's NOTE です。

そうそう、道具に凝るのは、お財布との相談で、現実的にならざるを得ないですよね。
でも、その制約がある中、一番、今、自分にいいと思えるものを選び出すのが、また楽しいと思います!

投稿: Cate | 2008年11月27日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1127111/25426270

この記事へのトラックバック一覧です: 道具に凝ろう!~第二弾:着眼点:

« 工藤奥様,待ってました! | トップページ | 自分の才能って何? »